でじたるフラッパー

スマートフォンなどデジタル製品から生活用品まで、おすすめ情報を紹介

ヨコハマタイヤ ADVAN FLEVA V701購入

ヨコハマタイヤ ADVAN FLEVA V701購入

長年使用してきたタイヤ、ヨコハマ Sdriveが老朽化していたので、
新しいタイヤとしてヨコハマ ADVAN FLEVA V701を購入しました。

スポンサーリンク

選択理由はSdriveが無い

Sdriveはソコソコ食ってお値段もお安いということで、
ずっと愛用してきたのですが…。

久々にタイヤを買おうと思ったら流通していない!!

いつもヤフオクに出している業者から直で購入しているのですが、
貰った商品リストにSdriveがありませんでした。

調べてみると2016年の夏ごろに、
ADVAN FLEVA V701がSdriveと同等の性能帯の商品として出ている模様。

ヨコハマタイヤ公式サイトを見るには、
Sdriveもまだあるようで、後継品というわけではないようです。
性能的にはドライもウエットも上との記載で、
単価は少し上がるものの試してみることにしました。

新しい86でのプロモーションも盛んなので気になることですし。

ADVAN FLEVA V701 195/50/15Rを購入

以前まで購入していた業者さんより安かったので、
購入はヤフオクで安いところから購入しました。

送料込みで9800円/1本

送料込みで考えるとSdirveと単価はほぼ変わらない気がします。

Amazonでも販売しており単価を見ると、
そこまで高くもないタイヤです。

これで性能アップするならいいですよね。
ADVANというブランドには期待できます。

購入したサイズはノーマルフェンダーのAE86に
15インチホイールなので195/50/15Rです。

通販だと怖いのは古いタイヤを掴まされることですが、
確認したところ2017年第三週製造でした。

比較的新しいブランドシリーズということで心配はしておりませんでしたが、
ヤフオクで買うならそのようなリスクは考えておく必要があります。

サイドとトレッドパターン

届いたタイヤを見ていきます。

サイドは至って普通。
触ってみるとサイドウォールがちょっと柔らかいような。
Sdriveの新品の時ってこんなだったかどうか。
回転方向アリです。

トレッドパターンもSdriveと似ていますが、若干違います。
公式情報ではドライよりもレイン性能が高いということで、
縦の溝からしてレイン性能は高そうに見えます。

交換は激安店で

ヤフオクなど通販で購入すると困るのが、タイヤ交換の方法。

持ち込み工賃は高いですし、自分でやるのはハードルが高い。
バランス取りは専用の機械ないとですし。

なので、以前からお世話になっている激安交換店にお願いします。

TAKAオート http://www.taka-auto.com/

なんと現金特価で
タイヤ1本交換1000円!
古タイヤ廃棄1本250円!

ということで、総費用4本で5400円にて交換してきました。

交換直後のインスピレーション

帰り道しか乗っていませんが使用感を。
レーシングしていないのでグリップに関してはまだ未知数です。

ロードノイズ

ロードノイズはSdriveより減った気がします。
結構静かです。

これなら乗用車でも音は気にならないかも。
今後一皮剥けた後にどうなるかは気にしていきたいと思います。

乗り心地

乗り心地も悪くありません。
Sdriveよりも向上したような気がします。
柔らかいというコンパウンドの効果でしょうか。

もしくは、本当にサイドウォールが柔らかいのか…。
ただ、前のタイヤが古かったので固くなっていたというだけの可能性も。

ハンドリング

Sdriveよりハンドルが軽いです。
明らかに軽くなりました。
重ステなのでよくわかります。

これが「楽しいハンドリング」というコンセプトなのか?

タイヤの設計の違いだと思いますが、どうなんでしょう。
これも今後見ていきたいと思います。

新しいブランドシリーズということで情報少な目

購入にあたりレビューを探しましたが、
ニュースサイト以外で個人レビューしている人は殆どいませんでした。

タイヤ交換店で聞き込みをしたのですが、
ADVAN FLEVAの持ち込み交換が殆どないそうで、
評判は未知数という回答を貰いました。

タイヤの使い方は人それぞれなので、
情報はあくまで参考にしかなりませんが、
情報が少ないのは慎重に購入派には心配事。

とりあえず快適性はそれなりにあるので、
これでグリップ力がソコソコあればいいなと思います。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top