でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

呼吸状態を確認するためにdretec(ドリテック)パルスオキシメータ CX-102購入

呼吸状態を確認するためにdretec(ドリテック)パルスオキシメータ CX-102購入

過去に肺気胸になったことがあります。

たまに胸が痛いような感覚や息苦しいような気がすると、
肺気胸が再発したのではないか?と思うことがあり、
ひどいときはレントゲンを撮って確認してもらうということをしていました。

新型コロナウィルス関連として
ニュースで肺炎になって呼吸機能が落ちてきた場合、
血中酸素飽和濃度を計測することで判別できるということで、
パルスオキシメーターが紹介されました。

これで肺炎がわかったり新型コロナウィルスか診断できたりするようなものではありませんが。

肺気胸の時に病院で指に付けられて確認していたものが、
これだということがわかり、購入してみることにしました。

新型コロナウィルス対策として買うことを推奨する記事ではないことをご理解下さい。

スポンサーリンク

血中酸素濃度と脈拍(心拍数)を計測したかった

導入で書いた通り、肺気胸が既往症としてあります。
当時は手術せずにドレーンだけで直った経緯もあり
医師には再発の可能性を言われておりました。

そのため「肺気胸再発か?」と思うことがたまにあるので、
血中酸素飽和濃度が測れれば一回2000円近く払ってレントゲンを撮らなくても、
可能性を見極められると考えて購入しました。

また、たまに急に心拍数が上がり、自分でも動悸がしているとわかるぐらいに
ドキドキすることがあり、その際の脈拍の変化を知りたいというのがあります。
医師に相談をしても今起きていないと診断が難しいと言われ、
門前払い状態に近いために悩んでいたのですが、
これで変化がわかれば相談する際のエビデンスにもなるかと考えています。

急な動悸については本来はAppleWatchやFitbitなどで常時計測するのが良いのでしょうが、
数万円して2年程度のサイクルで電池もダメになる機器なのでいったん候補からは外しました。
血中酸素飽和濃度は測ることができて脈拍もわかるのであれば
価格的にもパルスオキシメータのほうが用途としてあっていそうだからです。

dretec(ドリテック)パルスオキシメータ CX-102

今回購入したのはdretec社のパルスオキシメータ CX-102です。
医療機器認証も得ているため計測精度にも問題はないだろうと考えての選定です。
お値段もそれなりにしますが、スマートウォッチに比べるとかなり手ごろです。

ピンクとブルーがあり、ピンクが欲しかったのですが、
ヤフーショッピングでクーポン発行タイミングで買えたのが
ブルーだけでした。

やはり新型コロナウィルスで売れているのでしょうか。
肺炎で苦しかったら測らなくてもわかるのではないかと思いますが。

肺気胸は状態にもよりますが、
病院まで20分以上普通に自転車に乗って坂を超えていけるくらいに
意外と普通と言うか動けちゃいますので。

で、なんで自転車で来ているの!!と怒られ即時入院するという事態になります。。。

ヤフーショッピングで購入したのですが、
到着時点で箱破損!
箱は意味がないというか不要なのでしょうけど意外と気にはなります。

付属品など

単四電池2本とストラップが付いてきます。
すぐ使えます。

説明書兼保証書と、医療機器としての文書が付いていました。

ちゃんとした機器なんだと思います。

製造は中国のようです。

dretec パルスオキシメータを使用してみて

電池を取り付けます。

なぜかプラス側もスプリングになっているので方向に注意です。
単四電池2本で動きます。

カラーがブルーのはずですが灰色にしか見えません。

電源をつけると最初に前回の計測値が表示されます。
しばらくすると計測待ちになります。
指を挟んで計測を待ちます。

指はディスプレイ側に爪が向くように挟みます。

10秒程度で計測が開始され、リアルタイムで変化していきます。

指を外すと、Finger Outと表示されて、
数秒で電源が切れます。

計測中にボタンを押すと表示が切り替わるので好みの表示を選ぶことができます。
が、あまり利点は感じませんでした。

これで検査代金を抑えることと謎の動悸発生時の状況が見えるはず

医療機器として承認されているdretecのパルスオキシメータは
使ってみた感じでは計測数値に疑問は無いので、
正確性は問題なさそうです。

7500円程度でこの精度なので、
コニカミノルタなどもっと高いパルスオキシメータは2万円超えているので、
もっと正確に計測できるのでしょうか。
とはいえ家庭で問題がないか確認する程度なら
お手軽な製品で十分だと思います。

これで肺気胸か不安になった際(だいたいは気のせい!)の
安心材料として使えますし。
自身で脈拍を取る余裕のない動悸の際に数値で状態を見ていることで、
医療機関にかかるかどうかの判断材料にしていきたいと思います。

気づかないうちに肺炎になっていないかも確認できるかもしれませんが、
副次的な用途のつもりです。

新型コロナウィルスの騒動でよい機器を知ることができました。
この購入価格が新型コロナウィルス特価ではないことを祈りながら、
使っていきたいと思います。

繰り返しにはなりますが、
この機器は新型コロナウィルスに対して効果がある機器でも、
感染ししているか確認できる機器でもありません。
既往症の確認など使う目的がしっかりと無い場合は、
使わないものとなってしまうと思いますので、
無用な方の購入はお勧めいたしません。
また、価格のご紹介のためにamazonリンクを掲載してはおりますが、
購入を推奨する意図の記事ではありません。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top

Warning: getimagesize(/home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/functions.php on line 1026