でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

So-netから音声付き新プラン、高速通信が使い放題!

So-netから音声付き新プラン、高速通信が使い放題!

so-netが音声付きで2つの新プランを出しました。

「+Talk S2」と「+TalkL」が出たことで
so-netの音声プランは割高感が高かったのが解消される形となりました。

さらにはキャリアのように「高速通信に月間制限なし」のタイプが出てきました。
最近のMVNOとしては1GB程度の高速通信が主流なので新しい動きです。

スポンサーリンク

ライトな使い方の「+Talk S2」

割安な料金設定とスペック

20140602160405

月1.5GBもの高速通信が付いて1890円/月は安いです。
IIJmioのみおふぉん+ミニマムスタートプランで月1GBで1900円です。
So-netの場合クーポンのオンオフという概念が無いので使い切ったら終わりですが、
音声付き、高速通信付プランとしては安いです。
意識した価格とスペック設定だと考えられます。

高速通信量終了後は300kbps

これは他社と大きく異なります。
現在200kbps制限が主流な所、1.5GBを使い切った後は300kbpsの制限のようです。
200kbpsはギリギリストリーミング動画が見られない水準ですが、
300kbpsの実力はどの程度なのかが気になります。

しかし、通信規制で3日で360MBという規制もありますので、
制限後300kbpsだから、高速通信1.5GBもあるからと、
大盤振る舞いな使い方をすると今度は通信規制に掛かりますので注意です。
通信規制に掛かった場合の速度は書いておりませんのでどこまで制限されるのでしょうか。

とうとう出たキャリアタイプの使い放題「+Talk L」

料金設定とスペック

20140602160414

月間制限なしで高速通信が使い放題です。
使い放題で音声付きで4180円はキャリアと比較すると安いですね。
キャリアではドコモのXiパケ・ホーダイライト契約だとしても総額で月5743円掛かります。
月1600円程節約して月間容量を気にせず使えます。
月間容量など細かいことを気にしたくない人には良いプランです。

通信規制が厳しく360MB/3日

この高速通信使い放題ですが手放しに使えるわけではありません。
高速通信が使い放題にもかかわらず通信規制が「360MB/3日」です。
これはFOMA時代の規制と同じです。
LTEではソフトバンクが1GB/3日での制限を行っていますが他社は月間総量規制以外は行っていません。
高速通信は気兼ねないのですが、やはり制限は存在します。

元々MVNOという性格上何の制限もなくキャリアと同じ事を出来るわけがないのでこれは当然です。
この通信規制は「+Talk S2」の高速通信量終了後の速度が300kbpsの設定から考えて、より厳しく速度を規制されることが予測されます。
高速通信だと簡単に当たってしまいそうな360MB/3日なのでこの規制は厳しいのではないかと思います。
この通信規制にさえ引っかからない限りは好きなだけ使えるので自由度は高いです。

「+Talk S2」「+Talk L」共に最低利用期間は1年

音声プランなので解約金がありますが、
「+Talk S2」は1年間利用で、1年以内に解約した場合は5000円の解約金です。
「+Talk L」は1年間利用で、1年以内に解約した場合は8000円の解約金です。
他社やキャリアより低い設定になっており、
気楽とまでは言えませんが、So-netを試すには気持ち楽な設定です。
解約金があることには注意しましょう。

価格スペック共に優れているように見えるこのプランでは最大のネックは高速通信量ではなく通信規制

今回so-netは音声付きプランとしては業界で最安の水準を打ち出してきたと思います。
割高な音声と高速通信には限りがあるデータのMVNOというイメージ、
低速通信も300kbpsと現状のMVNOのスタンダードを変えに来たと言えます。

しかし、このプランは「安い」と「高速」を両立させるための3日で360MB使うと通信規制というカラクリがあります。
今後実際に使ってみないと通信規制の程度は分かりませんが、
1ヶ月で1GBの高速通信よりも通信量と速度で厳しい規制だと個人的には考えてます。
使う時と使わないときの波があって、トータル月1GB程度の通信を行う人だと、
引っかかる場合があるのは月間の高速通信よりも「360MB/3日」の方でしょう。

音声付きプランは今後変わっていくのか

現状音声付きプランとは言え高速通信の量には制限があり、
家族割りなども無いことでキャリアの音声サービスからは遠いように感じていました。
しかし、今回のso-netのプランにより、
既存の低速のみや1GB~の高速通信が基本であった音声回線が変わっていく可能性があります。
また、200kbpsの低速通信も今後は300kbpsが標準的になったり、
高速通信分が1.5GB~やフリーなど増量があるのではないかと思われます。

他社も追随してくる可能性があるので、4月位に価格・スペック改訂があったMVNOですが、2ヶ月でまた価格・スペックに動きがあるかもしれません。

夏前にして、MVNOがアツいですね。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top

Warning: getimagesize(/home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/functions.php on line 1026