でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

Intel SSD7 760p SERIES 1TB

Intel SSD7 760p SERIES 1TB

もともとはWestanDigitalのBlackのM.2を購入する予定でしたが、
GW特価ということでこのIntel SSD7が出ていたので、
ついこっちに変更してしまいました。

Intel SSD7 760p SERIES 1TB
Model SSDPEKKW010T8

用途としては仮想マシンと仮想HDDを格納する場所とするだけなので、
正直速度さえそれなりに出ていればなんでもいいかというところでした。
旧マシンではSamsungのSATAタイプのSSD 250GBを使用していました。

動画編集用の一時領域としても使用していたのですが、
250GBでは容量が厳しいため、今回は思い切って1TBです。

スポンサーリンク

パッケージ

Intel SSD7 760p SERIES 1TB
Model SSDPEKKW010T8
のパッケージなど外観です。
この製品はTLC NANDです。

samsungと一緒に写っておりますが、こんな感じです。
正直パッケージにはそんなに力入れていないんじゃないかと思う感じです。

トレイも2.5inch SSDと同じでダンボールです。

特になんということもない基盤です。
付属品もマニュアル程度です。

組み上げの時間制約であんまり写真が撮れていません。

このSSDもヒートシンク取り付けのために、
念のためシールをはがしました。
これまた1日で保証喪失です。

どうなんですかね。。。。

Intel SSD7 760p SERIES 1TB 速度は

さて急に製品変更をしましたが、肝心の速度は。

ごめんなさい。
衝撃を受けました。
Samsungの後に計測したのも悪いのですが、
Seq Writeがスペック上遅い製品だったようです。

あと4KiB Q8T8はSamsung 970EVO plusより劣る結果となっています。

なんか微妙な結果となりました。

Intel SSD7 760p SERIES 1TB
Model SSDPEKKW010T8は安ければアリか

ベンチマークをしてみるとsamsungの最新と比較すると厳しいところはあります。

ただ、価格が比較的安いので、
今回のように特価で2万円などあれば大容量を価格重視で選ぶのはいいのではないでしょうか。

Seq Writeがスペック上低めなのが、満足できない人にはできないのかもしれません。
仮想マシンを動かした程度であれば特に不満はありませんでした。
SATA SSDよりも高速になったことは体感できています。

数値と体感は違うので、
Intelだけあって大きな問題となるようなこともないですし、
通常利用ではWrite1500も十分な速度ではあります。

速度よりも価格と大容量が欲しい人は選択肢になるかなと思います。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top

Warning: getimagesize(/home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/functions.php on line 1026