でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

Zalman ZM-VE350初期化(フォーマット)備忘録

Zalman ZM-VE350初期化(フォーマット)備忘録

便利なZalmanの仮想光学ドライブとしてISOマウント可能な外付けHDDケース。

初期化する際にハマったので必要事項を備忘録として。

使用した機種はZM-VE350。
終売してるようなので持っている人向け。

一応商品名は「EXTERNAL HDD CASE + VIRTUAL DRIVE」
そのまんまかつ長い!

スポンサーリンク

ZM-VE350などZalmanのHDDフォーマット要件

ブートセクタ形式:MBR
タイプ:基本パーティション(アクティブ)
ファイルシステム:NTFS
アロケーションサイズ:4K or 512バイト

Windows10ではGUI(ディスクの管理など)からMBR形式が作成できない。
DiskPartコマンドでディスクを操作してMBR形式にする。(誤操作でPC死亡もあるので注意する)

アロケーションサイズはZalmanのバージョンによって異なる。
ZM-VE350は4Kでいけたが、ZM-VE300は512バイトでないとエラーになった。

ザックリ手順

ディスクのフォーマットとパーティション作成をする。
Zalman本体にHDDを内蔵した状態で行った場合、一度機器を取り外す
(念のため「取り外し可能デバイス」で取り外しをしっかりと行う。)

再度接続すると「NO-ISO」表示になる。

Zalmanのルートに「_iso」フォルダを作成する。
_isoフォルダにマウントしたいisoを配置する。

ISO配置について

一階層32個制限。超えると「Too Many Files」と表示されてiso選択不可。
_isoディレクトリ配下は階層を組めるので階層を組んで対応する。

Zalman エラー例

Zalman初期化中に出会うエラー文言は大体以下の3つ。

  • 1st Partition EE
  • 1st Partition F
  • Check HDD

どれもHDDフォーマット形式が違う可能性が高い。
フォーマット形式を確認してやり直すと直る。

MBRでフォーマットしていたらアロケーションサイズをフォーマット時に変更してみる。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top

Warning: getimagesize(/home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/functions.php on line 1026