でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

Xperia1ii 国内版SIMフリーXQ-AT42発売でXQ-AT52はどうなるか

Xperia1ii 国内版SIMフリーXQ-AT42発売でXQ-AT52はどうなるか

Xperia1iiの国内SIMフリー XQ-AT42の発売が発表されました。
RAM12GB版の存在とXQ-AT42の型番の存在は噂されていましたが、
まさかの日本国内版SIMフリーでした。

香港版XQ-AT52を発売日に購入してすでに使用している筆者から見て、
XQ-AT42はどうなのか。
XQ-AT52で出来ていないことをまとめてみました。

スポンサーリンク

Xperia1ii XQ-AT42とXQ-AT52比較

簡易ですが海外版と国内版の違いがわかるようにしました。
かなり日本国内向けにローカライズされています。

XQ-AT42日本国内版XQ-AT52香港版
OSAndroid10Android10
SoCQualcomm Snapdragon 865Qualcomm Snapdragon 865
RAM12GB8GB
ストレージ256GB256GB
SDカードmiroSDXC(SIMslot2排他利用)miroSDXC(SIMslot2排他利用)
SIMnano Dual SIM SIMフリー
DSDV対応(youtubeライブ配信でデュアルVoLTEに言及あり)
nano Dual SIM SIMフリー
DSDV対応(実質DSDS)
3G対応バンドWCDMA(UMTS)
Band 1,5,6,8.19
UMTS HSPA+
Band 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19
4G LTE対応バンドBand 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42LTE Cat19/Cat13
Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66
LTE 6CA/2CA
5GバンドBand n77 ,n78 ,n79Band n1, n3, n28, n77, n78
GSMBand 850, 900, 1800, 1900Band 850, 900, 1800, 1900
NFCおサイフケータイ
NFC
NFC
wifiIEEE802.11a/b/g/n/ac/axIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
生体認証指紋指紋
バッテリー4000mAh4000mAh
ディスプレイ約6.5インチ 有機EL 4K HDR対応約6.5インチ 有機EL 4K HDR対応
カメラメイン トリプル/フロント シングルメイン トリプル/フロント シングル
カラーフロストブラック,ホワイト,パープルブラック,ホワイト,パープル

ただ、メインメモリの8GBから12GBへの増量はなんでなんでしょうか。
新色追加も魅力的ですが、ブラックの質感違いは2キャリアとの差別化でしょうか。

一番の魅力はDSDV対応とおサイフケータイ対応

メインメモリの増量も印象的ですが、一番はDSDVに対応していることです。
日本国内のVoLTEをそのまま使えることは大きいです!
電話を使う人ならこれは大きな魅力です。
また、おサイフケータイ対応はやはり日本国内に住んでいたら、
モバイルSuicaなどの電子決済をする上ではあることは魅力です。

対応バンドは日本国内キャリア対応

日本国内キャリアほぼ網羅という形でかなり最適化されています。
特にauのバンドに対応していることは香港版からの大きな違いで、
SIMフリーとしてMVNOで運用するにはどこのSIMを選んでも使えます。
おそらく楽天も楽天エリア・パートナーエリア両方で使えることが見込める対応バンドです。

香港版Xperia1ii XQ-AT52で出来ていない事

今のXQ-AT52で出来ておらず主に困っているのは2点

  • VoLTEが使用できない
  • 楽天パートナーエリアに接続できない(band18/26)

我慢できないことはないことですが、
不便を感じることも多々ある実現できていないことです。

今なら国内版XQ-AT42を待つしかない

今日本国内利用で買うならXQ-AT42を待つべきです。
メモリ12GBは今の8GBでも十分動作は軽快で大満足です。
メモリ量よりも、
DSDV(日本国内VoLTE対応)とおサイフケータイ対応にXQ-AT42の大きな利点があります。
更には日本国内にローカライズしていることで対応バンドからauに対応しています。
そのことにより楽天モバイルとそのパートナーエリアに対応している可能性も十分にあります。

おサイフケータイもDSDV(VoLTE)にも興味がなく、メモリ8GBでも問題なく、
今すぐSIMフリーで手に入れる必要があるのであればXQ-AT52しかありませんが、
もう敢えて輸入して買う必要もありません。

価格的には執筆時点で、

Etoren 119,700円(税込)

国内版定価 136,400円(税込)

と現段階で2万円弱グローバル版の方が安価です。
メモリとVoLTE、対応バンド、おサイフケータイを考えると2万円弱は出して損のない金額と言えます。

XQ-AT52はダメではないですが、
海外へ良く行き、海外バンドを重視するような使い方をされるなど
特定の用途がある方以外には本当にお勧めできなくなりました。

選択肢があるSIMフリーを選ぶなら焦らず日本国内版XQ-AT42を待ちましょう!

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top

Warning: getimagesize(/home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/functions.php on line 1026