でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

楽天UN-LIMITをグローバル版Xperia1ii XQ-AT52で使用する

楽天UN-LIMITをグローバル版Xperia1ii XQ-AT52で使用する

楽天UN-LIMITをXperiaXZsのグローバル版G8232で使用していました。

とはいえ、途中で不安定になったりして使いづらかったので
5月からは全く使用していないに等しかったのですが。。。

今回Androidバージョンも10に上がったということで安定して使えるといいなと思うことと、
そもそもグローバル版のXperia1ii XQ-AT52で使えるのか?
という根本の問題があるので試してみます。

Expansysのフォーラムでは楽天UN-LIMITが使えないという投稿がありましたが果たして使えるのか。

スポンサーリンク

初期設定時からdocomoとRakutenのDual設定で試す

問題の切り分けなどが面倒になりそうですが、
使いたい状態のdocomoとRakutenのDual-SIM設定で初期セットアップと、
前端末からのデータ引継ぎを行っていきます。

docomoをSIM1にRakutenをSIM2にセットします。

基本方針としては、
通話はメイン回線のdocomo
データ通信はRakuten
という方式で使用してい行きます。

XperiaXZsに設定した時はそもそも認識しなかったので苦労しましたが。
やはりAndroidバージョンが10となったとこで、
初期設定時点でキャリア名と電話番号がしっかりと認識されています。

これは普通に使えそうで期待できます。

Wifiを設定して。

システムのバージョンアップが走ります。
おそらくここで最新バージョンになっているのか、
起動した直後でPhotography Proを使用することができました。

相変わらずのAndroid謎仕様ですが、
一部アプリのデータも移行できるが、
出来ないアプリもあるというデータ移行作業です。

XperiaXZs G8232から引継ぎ設定をして、
データ移行の完了を待ちます。
多分Wifi経由でフルバックアップ的な動作をしているんじゃないかと。。。

起動してきたところで早速システムの状態を確認します。

APNの設定は行っていないのでdocomoもデータ通信はできない状態ですが、
SIMとしての認識は正常にされています。

対して、楽天UN-LIMITは初期設定では認識されていたのに、
現在はダメな状態に。

この状態ではAndroidの設定画面内のSIM設定では設定が不可能でした。

楽天UN-LIMITを認識させる裏メニュー

XperiaXZs G8232で設定した時と同様に、
裏メニューから強制的に通信方式を変えてみます。

ダイヤルアプリで隠しコマンドを打ってネットワーク設定を変更してみます。
「*#*#4636#*#* 」をダイヤルします。

そうすると以下の画面が開きます。

[携帯電話情報]をタップします。

この画面が開きますが、DualSIMを使用している場合、
設定をする対象のSIMを選択します。
[スマートフォンのインデックスを選択]のところで
「Phone0がSIM1」「Phone1がSIM2」です。
今回はSIM2を選択するのでPhone1に変更します。
表示される電話番号で判別可能です。

[優先ネットワークの種類を設定]項目を
初期値から「LTE Only」に変更します。

今回は再起動をしなくても変更したとたんに
電波をつかみました。

余談ですが、一度メニューから抜けると

変更した箇所の見た目変わってしまっていますが、
問題なく継続して通信可能でした。

変更後は表側のAndroid設定内においても

「LTEのみ」と表示されます。

おそらくauとのローミングの関係でこのような面倒なことになっているのだと思います。
海外端末の多くはauの3Gに対応していないことが多いので、
楽天SIMにはその設定が入っているために3G通信を禁止しないと
基地局との初期通信が出来ない状態になってしまうのだと考えられます。

楽天UN-LIMITのAPN設定

ここまでくれば後は、APNの設定をSIM設定から行います。
分かりづらいですが、詳細設定の中にAPNの設定があります。

APNとしては以下を設定します。

名前:rakuten UNLIMI(任意)
APN:rakuten.jp
MCC:440
MNC:11
APNタイプ:default,mms,supl,hipri,fota,cbs,mcx
APNプロトコル:IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6

以前と同様に名前とAPNだけ設定すれば問題なく通信できると思いますが、
今回は前回安定しなかったこともありAPNタイプなどの設定を追加してみています。
通信できない場合には「名前とAPN」だけにしてみるのも手です。


楽天UN-LIMITはグローバル版Xperia1iiにて使用可能

これまでの設定を投入することで
問題なくグローバル版Xperia1iiにて使用可能でした。

APN設定の細かさはあまり関係ないと思いますが、
XperiaXZsの頃に比べて安定して通信できているように感じます。
Androidバージョンの影響が大きいのではと考えています。

今のところパートナーエリアへのローミングが発生していないため、
グローバル版Xperia1iiが未対応のband18へ、
対応しているband26の内包で通信可能なのかなども
今後もしばらく楽天UN-LIMITをデータ通信に使用して様子を見ていきたいと思います。

海外通販!日本未発売スマホ/タブレットをいち早くお届け!【Etoren.com】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 普通の電話の発着信は使えますか?

    • VoLTEが使用できません。
      そのため通常の電話についてはキャリアによって使用できるできないが変わってきます。

      ドコモ:3Gにて電話可能(確認済み)
      au:不可(VoLTEが使えないため)
      ソフトバンク:3Gにて電話可能(未確認だが使えるはず)
      楽天:不可(VoLTEが使えないため)ただし、Rakuten-Linkによる発着信は可能

      当方の認識では上記の通りです。
      楽天についてはRakuten-Linkを使用した通話は可能です(確認済み)。
      ご参考になればと思います。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top