でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

楽天UN-LIMITをグローバル版Xperia1ii XQ-AT52で使用する

楽天UN-LIMITをグローバル版Xperia1ii XQ-AT52で使用する

楽天UN-LIMITをXperiaXZsのグローバル版G8232で使用していました。

とはいえ、途中で不安定になったりして使いづらかったので
5月からは全く使用していないに等しかったのですが。。。

今回Androidバージョンも10に上がったということで安定して使えるといいなと思うことと、
そもそもグローバル版のXperia1ii XQ-AT52で使えるのか?
という根本の問題があるので試してみます。

Expansysのフォーラムでは楽天UN-LIMITが使えないという投稿がありましたが果たして使えるのか。

スポンサーリンク

初期設定時からdocomoとRakutenのDual設定で試す

問題の切り分けなどが面倒になりそうですが、
使いたい状態のdocomoとRakutenのDual-SIM設定で初期セットアップと、
前端末からのデータ引継ぎを行っていきます。

docomoをSIM1にRakutenをSIM2にセットします。

基本方針としては、
通話はメイン回線のdocomo
データ通信はRakuten
という方式で使用してい行きます。

XperiaXZsに設定した時はそもそも認識しなかったので苦労しましたが。
やはりAndroidバージョンが10となったとこで、
初期設定時点でキャリア名と電話番号がしっかりと認識されています。

これは普通に使えそうで期待できます。

Wifiを設定して。

システムのバージョンアップが走ります。
おそらくここで最新バージョンになっているのか、
起動した直後でPhotography Proを使用することができました。

相変わらずのAndroid謎仕様ですが、
一部アプリのデータも移行できるが、
出来ないアプリもあるというデータ移行作業です。

XperiaXZs G8232から引継ぎ設定をして、
データ移行の完了を待ちます。
多分Wifi経由でフルバックアップ的な動作をしているんじゃないかと。。。

起動してきたところで早速システムの状態を確認します。

APNの設定は行っていないのでdocomoもデータ通信はできない状態ですが、
SIMとしての認識は正常にされています。

対して、楽天UN-LIMITは初期設定では認識されていたのに、
現在はダメな状態に。

この状態ではAndroidの設定画面内のSIM設定では設定が不可能でした。

楽天UN-LIMITを認識させる裏メニュー

XperiaXZs G8232で設定した時と同様に、
裏メニューから強制的に通信方式を変えてみます。

ダイヤルアプリで隠しコマンドを打ってネットワーク設定を変更してみます。
「*#*#4636#*#* 」をダイヤルします。

そうすると以下の画面が開きます。

[携帯電話情報]をタップします。

この画面が開きますが、DualSIMを使用している場合、
設定をする対象のSIMを選択します。
[スマートフォンのインデックスを選択]のところで
「Phone0がSIM1」「Phone1がSIM2」です。
今回はSIM2を選択するのでPhone1に変更します。
表示される電話番号で判別可能です。

[優先ネットワークの種類を設定]項目を
初期値から「LTE Only」に変更します。

今回は再起動をしなくても変更したとたんに
電波をつかみました。

余談ですが、一度メニューから抜けると

変更した箇所の見た目変わってしまっていますが、
問題なく継続して通信可能でした。

変更後は表側のAndroid設定内においても

「LTEのみ」と表示されます。

おそらくauとのローミングの関係でこのような面倒なことになっているのだと思います。
海外端末の多くはauの3Gに対応していないことが多いので、
楽天SIMにはその設定が入っているために3G通信を禁止しないと
基地局との初期通信が出来ない状態になってしまうのだと考えられます。

楽天UN-LIMITのAPN設定

ここまでくれば後は、APNの設定をSIM設定から行います。
分かりづらいですが、詳細設定の中にAPNの設定があります。

APNとしては以下を設定します。

名前:rakuten UNLIMI(任意)
APN:rakuten.jp
MCC:440
MNC:11
APNタイプ:default,mms,supl,hipri,fota,cbs,mcx
APNプロトコル:IPv4/IPv6
APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6

以前と同様に名前とAPNだけ設定すれば問題なく通信できると思いますが、
今回は前回安定しなかったこともありAPNタイプなどの設定を追加してみています。
通信できない場合には「名前とAPN」だけにしてみるのも手です。


楽天UN-LIMITはグローバル版Xperia1iiにて使用可能

これまでの設定を投入することで
問題なくグローバル版Xperia1iiにて使用可能でした。

APN設定の細かさはあまり関係ないと思いますが、
XperiaXZsの頃に比べて安定して通信できているように感じます。
Androidバージョンの影響が大きいのではと考えています。

今のところパートナーエリアへのローミングが発生していないため、
グローバル版Xperia1iiが未対応のband18へ、
対応しているband26の内包で通信可能なのかなども
今後もしばらく楽天UN-LIMITをデータ通信に使用して様子を見ていきたいと思います。

海外通販!日本未発売スマホ/タブレットをいち早くお届け!【Etoren.com】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 普通の電話の発着信は使えますか?

    • VoLTEが使用できません。
      そのため通常の電話についてはキャリアによって使用できるできないが変わってきます。

      ドコモ:3Gにて電話可能(確認済み)
      au:不可(VoLTEが使えないため)
      ソフトバンク:3Gにて電話可能(未確認だが使えるはず)
      楽天:不可(VoLTEが使えないため)ただし、Rakuten-Linkによる発着信は可能

      当方の認識では上記の通りです。
      楽天についてはRakuten-Linkを使用した通話は可能です(確認済み)。
      ご参考になればと思います。

  2. コメント失礼します、XQ-AT52でソフトバンク系の格安SIM
    ワイモバイル
    QTmobile(Sタイプ)
    mineo(Sプラン)
    LINEモバイル(ソフトバンク回線)
    など音声電話できますか~
    よろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。
      海外版XQ-AT52でソフトバンク系の音声通話については、可能ですが3Gでの通話となります。
      VoLTEは使用できません。
      そのため現在ソフトバンク系SIMであるのかは分かりませんが、
      4Gのみの契約(3G使用不可)SIMでは音声通話ができません。

  3. 御返事誠に有難う御座います。

  4. 初めまして。いくつか質問させてください。

    ①2020年8月の「普通の電話の発着信は使えますか?」という質問に対し、「楽天はVolTEが使えないため不可」と回答されています。しかし記事内のPhone1の「携帯電話情報」では「音声サービス:圏内」「音声ネットワークの種類:LTE」と表示されています。これは「LTEネットワークを用いて音声通話が可能な状態」ということを表しているのではないのでしょうか?

    ②私はXperia5Ⅱ XQ-AS72で楽天UN-LIMITを使用しようとしてこの記事に辿り着きました。この記事を参考に、裏メニューから通信方式を変更することでデータ通信は出来るようになりましたが、SMSの受信が出来ません。そのため、楽天Linkアプリでの初期設定(電話番号の認証)が終了せず、Linkアプリを用いての通話を行うことが出来ない状況です。ちなみに、裏メニューの「携帯電話情報」では「音声サービス:緊急通報のみ」「音声ネットワークの種類:Unknown」と表示されています。
    もし宜しければ、この記事における「Xperia1ii XQ-AT52で楽天Linkを用いての発着信が出来るようになるまで」を教えてもらえないでしょうか。

  5. 初めまして。いくつか質問させてください。

    ①2020年8月の「普通の電話の発着信は使えますか?」という質問に対し、「楽天はVolTEが使えないため不可」と回答されています。しかし記事内のPhone1の「携帯電話情報」では「音声サービス:圏内」「音声ネットワークの種類:LTE」と表示されています。これは「LTEネットワークを用いて音声通話が可能な状態」ということを表しているのではないのでしょうか?

    ②私はXperia5Ⅱ XQ-AS72で楽天UN-LIMITを使用しようとしてこの記事に辿り着きました。この記事を参考に、裏メニューから通信方式を変更することでデータ通信が出来るようになりましたが、SMSの受信が出来ません。そのため、楽天Linkアプリでの初期設定(電話番号の認証)が終了せず、Linkアプリを用いての通話を行うことが出来ない状況です。ちなみに、裏メニューの「携帯電話情報」では「音声サービス:緊急通報のみ」「音声ネットワークの種類:Unknown」と表示されています。
    もし宜しければ、この記事における「Xperia1ii XQ-AT52で楽天Linkを用いての発着信が出来るようになるまで」を教えてもらえないでしょうか。

  6. 初めまして。こちらの記事を読んでコメントをさせて頂こうと思ったのですが、コメントを送信しても何故か反映される様子がなく、困っております。何かコメントが受理されない条件のようなもの(文字数制限など)があれば教えてください。

    • コメントありがとうございます。
      コメントはいたずら防止のため承認制とさせていただいております。

      後程ご質問には回答させていただきますので、お時間をください。

  7. 失礼します。swanです。
    あの後自分なりに調べてみた結果、XQ-AS72ではなかったものの、「SIMフリーXperiaで楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を試してみました」と題する記事を見付けました。そこでは「パートナー回線エリアだと標準メッセージアプリでSMSが使えないため、最低一度は楽天回線エリアに行く必要がある」と記述されていました。
    私は職場がパートナー回線エリア、家は楽天回線エリアだが一向にband3を掴まない(LTE DISCOVERYでも常にband26)という環境なので、一度楽天回線を掴める場所まで行けば一気に問題が解決するかもしれません。
    ちなみに、通信方式を変更してデータ通信が出来るようなるまでSIMカードを差しても端末に電話番号が認識されず、常に「不明」と表示されていました。それがデータ通信が出来るようになってから一度出掛けて戻ってきたら、いつの間にか電話番号が認識されていました。恐らく、どこかで偶然band3を掴んでその際に開通したのだと思われます。
    これらのことから考えると、セットアップに際しては「楽天回線を掴む」ということがとにかく重要ということになりそうです。

    記事の内容とは直接関係のないことを長々と失礼しました。もし今後もSIMフリーXperiaと楽天モバイルについて執筆されることがあれば、参考にして頂けると幸いです。

    • swanさん

      解決して丁寧なコメントありがとうございます。

      先に最初のご質問の件にお答えさせていただきます。
      ・VoLTEについて
      音声ネットワークの種類LTEはVoLTEが使えなくても表示されます。
      VoLTEには規格があり、キャリアプロファイルがOSに組み込まれていなければ利用できなくなっています。
      残念ながら多くの海外SIMフリー端末には日本のキャリアプロファイルが入っておりません。
      そのためLTEの電波をつかんでいて一見使用できるように見えてもVoLTEでは通話ができません。
      docomoやSoftbankのように3Gで通話ができるLTE網では着信した際に3Gに落ちる挙動が発生します。
      楽天モバイルはLTE onlyの提供かつ、VoLTEプロファイルを持っていないため音声通話不可という結果になります。
      こちらについては検証済みです。

      ・SMS受信について
      SMS受信についてはVoLTEとは無関係のため通常は受信可能です。
      当方も受信いたしました。
      当方も確認された記事を見たことがあるのと、
      楽天圏内に行く必要があるとSNSでも話題だった記憶があります。
      当方はband3圏内で実施しているためそのような事象が発生しておらず、
      明確に経験としてお話することができないので、すみません。
      おそらくそれで解決されると思います。

      XQ-AT52はband26をつかまないうえに、band3も安定しないことがありました。
      band3をうまくつかまない際は端末の再起動で掴むことがありますので、
      気になったら再起動をお勧めします。

      解決されることを祈っています。

      また、コメントで頂いたことは記事を書く際に参考にさせていただきます。

      ありがとうございます。返信が遅くなりすみません。

  8. 初めまして。丁寧な説明ありがとうございます。
    いくつか質問させてください。

    同じグローバル版Xperia1ii XQ-AT52を使っています。

    先週、ドコモのギガライトからAhamoに変更して、通話はできなくなっちゃった。(恐らくこれが原因と思います「新たに始まるahamoでは、4Gと5Gのネットワークを使い、3Gのネットワークは使用しない。」)

    今はギガライトに戻るか楽天UN-LIMITに乗り換えるかを悩んでいます。

    念のため、使えるかどうかを確認したいと思います。

    ドコモ:3Gにて電話可能(ギガライトというプランでしょうか)
    楽天:不可(VoLTEが使えないため)ただし、Rakuten-Linkによる発着信は可能

    いつかギガライトも3Gを使えなくなると心配していますので、楽天UN-LIMITに乗り換えるのほうがおすすめでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。

      ご認識の通りahamoでは3Gネットワークが使用できません。
      そのためXQ-AT52のグローバル版では音声通話が使えなくなります。
      音声通話をするためにはVoLTEが使用できる必要がありますが、
      残念ながらXQ-AT52ではroot取得などで改造しない限りVoLTE対応はできないものと考えられます。

      ご質問については私が確認している範囲では、
      ドコモ:3Gでは通話可能(docomoカケホーダイ&パケあえるプランで現時点でも確認済み)
      楽天:不可(VoLTEが使えないため)ただし、Rakuten-Linkによる発着信は可能
      とご認識の通りで合っております。

      補足すると、MVNOでも4G及び5Gのみとなる契約では通話不可になります。
      例えばIIJmioの5Gオプション(現時点未提供)です。
      オプションを付与しない場合3Gと4G、オフション付与で4Gと5Gとなります。
      個人的な見解ですが、
      3Gが使えないことから設備系がahamoと同一のものを使用しているのかもしれません。

      オススメは、複数回線契約での運用かや利用する地域も分からないので
      断定的な情報はご提供できないため、参考とご理解ください。

      広いエリアと交換回線による通話を求めるならドコモ(料金は犠牲)
      利用料金と無料通話なら楽天。

      楽天はデメリットが多いです。
      XQ-AT52ではband3しか使えないので地方辛い(都内でも苦しかった)
      緊急通報が使えないので万一の時困る(RakutenLinkでは使えない)
      rakuten-Linkの仕様変更によっては影響が出ないと言い切れない
      プラン強制切り替えされており改悪も強制される可能性が今後ある

      私ならですが、
      メイン回線はギガライトとして運用。
      楽天は1GB未満無料なので契約してみて2スロット目で使用してみて、
      0円運用で自身の行動エリアで試してみる。
      問題なければ時期を見て楽天に移行です。

      もしくは、
      通話及びメイン維持用のMVNO一番安いプラン
      楽天SIMを2スロット目でメインデータ通信での利用
      です。

      当方であれば、自動車も運転し、山の中に行くため緊急通報が出来ないことは、
      大きな問題につながるためXQ-AT52での楽天一本運用は行いません。
      XQ-AT52のVoLTE問題は大きくそのため記事にもしておりますが、
      現在はXQ-AT42に買い替えを行ってしまっております。

      3Gについては当方の個人的予想としては
      メインブランドのプランは既存については3G停波まではサポートされると思います。
      また、端末の寿命から停波の5年後までXQ-AT52(XQ-AT42もですが)が使えてるような気はしていません。

      ご参考になればと思います。

  9. グローバル版 Xperia 5 ii でVolte通話できました!
    また LTE only の設定にしなくてもデーター通信も可能です!

    国内版のシステム(modem〇〇○.sin)を上書きすることで出来ました。
    Xperia 1 ii でも同様の方法で解決できるかと思われます。

    やり方としては

    1:Xperiaコンパニオン インストール

    2:flashtool インストール
    →インストール先フォルダ「drivers」→「Flashtool-drivers.exe」
    →「Flashmodem Drivers」「Fastboot Drivers」をチェックしてインストール

    3:XperiFirm-x64 インストール
    →「Xperia 5 ii XQ-AS42 dual」を選択 (Xperia 1 ii XQ-AT42 dual を選択)
    →右の「Available Firmware:」の下のナンバーをクリック →「Download」
    →ダウンロードしたフォルダの「modem〇〇○.sin」を回収、他のファイルは使用しません。

    (私がダウンロードしたバージョンでは modem_X-FLASH-ALL-2389 という名前でした。)

    4:newflasher をダウンロード
    →解凍フォルダ内に上記の「modem〇〇○.sin」を一緒に入れる。
    (それ以外の余計なシステムファイルは入れないように注意!)

    5:Xperiaの電源を切る →音量下を押しながらUSB接続
    →画面が消灯のまま緑ランプになる flash mode となる
    →「newflasher.exe」を起動
    →起動画面の案内に従ってコマンド入力 (回答は A→N→N で問題なく進むかと思います)

    →End. と表示されれば完了です!

    6:本体起動後に111に電話などして動作に問題がないか確認
    →不安定なようであれば再起動や、「4G回線による通話」をON・OFF試してみる
    →もし本体アップデートがあって上手くいかない場合は元の「modem.sin」にすれば可能かと思われます

    この方法であれば危険を犯すことなく安全に国内仕様の通信にできます!

    とはいえ余計なファイルを上書きするなど手順を間違えると、起動ができなくなるなどのリスクはあります。事前にバックアップをとることや newflasher を使用する際のファイルはしっかり確認することをオススメします。

    また「Xperia modem.sin」と検索すると他にも情報がありますので、ご自身でも調べて頂くと良いかと思います。

    ぜひ有益な情報を共有できたら幸いです。

    • コメントと情報提供ありがとうございます。
      XQ-AT52は既に手放してしまっておりまして確認することが出来ないのが残念なのですが、
      国内版のmodem情報の上書きは確実性の高い方法かと思います。
      国内版の登場が必須にはなりますが、妥協点は出るものの買い替えは不要でいけるのでいいですね。

      有益な情報をご提供いただきましたので、
      コメントを公開という形で皆様にも共有させていただきます。
      ありがとうございました。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top