でじたるフラッパー

[略称:でじフラ] スマートフォンなどデジタル製品から生活用品・自動車まで、様々なおすすめ情報をご紹介

GPD pocketの激しい映り込みグレアパネル対策にアンチグレア液晶保護フィルムを購入

GPD pocketの激しい映り込みグレアパネル対策にアンチグレア液晶保護フィルムを購入

セットアップ中に気づいていたのですが、
GPD pocketは液晶画面の映り込みが激しいです。

タッチ対応なのでスマートフォン同様の
ゴリラガラス採用のグレア仕様であることも
仕方ないとは思います。

しかし、野外で持ち出して使うには厳しい。
映り込みは軽減したい。

折角のGPD pocketのきれいな液晶が勿体ないのですが、
映り込みを軽減できるような液晶保護フィルムを探したいと思います。

付属の液晶保護フィルムもありますが、
グレアタイプなので希望の映り込み防止は難しいと判断して、
社外製品を探してみます。

スポンサーリンク

アンチグレア液晶フィルムでは定評のミヤビックス製フィルムをチョイス

今回選択したのは、
以前からスマートフォンの液晶保護フィルムでお世話になっていた、
ミヤビックス社の製品にしました。

最近は2.5D液晶と呼ばれるラウンドエッジ加工がされた
液晶画面がスマートフォンでは流行っているため、
2.5D加工されたガラスフィルムや、
新素材で柔軟性が高いTPUフィルムをメインに使っていました。

ミヤビックスのシリーズはシリコン吸着のプラタイプフィルム
なので久々のチョイスです。

以前の通りなら期待できる品質の高さだと思います。

OverLay Plus 低反射タイプ for GPD Pocket

量販店ではほぼ売っていないので買うならAmazonです。

私もAmazonから購入しています。
最近購入しているガラス系フィルムは高価なものも多いので、
このサイズでは安価な価格設定だと思います。

GPD Pocket専用設定です。
パッケージは相変わらずの汎用。

フィルムはヒンジ部分の切れ込みも入っており高精度

気になるフィルムの精度ですが、
問題なく高精度で非常に良い出来です。

写真ではわかりづらいですが、
ヒンジ部分の両脇の液晶部分も保護できるように、
ヒンジに沿って切れ込みが入っています。

この切れ込みの精度も高く、
ヒンジに掛かるなんてことは無いと思います。

純正付属品はヒンジの切れ込みは無く、
ヒンジ手前までの保護になっていますので、
社外製品の優位性の一つだと思います。

貼り付けは楽々でもその前に液晶のクリーニングを

シートの精度は高く非常に良いものです。

特にヒンジの切れ込みは、
貼り付け時の位置決めに絶大な効果を発揮します。
いつも曲がってしまうという方でも簡単にきれいに貼れると思います。

しかしちょっと待ってください。
GPD pocketは購入して開封した時点でも
既に液晶が汚れています。
私の端末は汚れていました。

初期フィルムが貼られていないので、
大体の機体は汚れている可能性があるのではないかと思います。

きれいに保護フィルムを貼りたい方は、
必ず液晶クリーナーなどで液晶をきれいにしてから貼ることをお勧めします。

液晶保護フィルムの効果は絶大で映り込みなし

ミヤビックスの液晶保護フィルムのクオリティは変わっていませんでした。
高い透明度とアンチグレアでしっかりと映り込みを防いでくれています。

画面にもしっかりフィットしており、
加工精度も高く良好です。

ただ、アンチグレアフィルムの宿命で
画面が多少ぼんやりしてしまうのは避けられませんが、
この程度なので移りこんで見づらいよりはいいかなと。

映り込みに悩んでいる方には、
ミヤビックスのアンチグレアタイプの液晶保護フィルムをお勧めします。

LEAVE A COMMENT

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top

Warning: getimagesize(/home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/threeks/digifla.net/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/functions.php on line 1026